13. ハイタテキ!


忘れもしません、この楽曲のデモを頂いた時にTAKUYAさんから来たメールが「歯医者の待ち時間にこんなクラシック流れたら怖いー(´Д` )的なSEがいいな」でした。頂いたデモにはドラム、ベース、ギターが既に入っており「これにクラシック?」と最初は困惑しましたが、これはTAKUYAさんからの挑戦状だと思い、あえて「クラシック」と言うキーワードをステレオタイプに捉え、ノリノリで弦楽器を入れさせて頂きました。その外にも色々な要素が入っているので、楽しんで頂ければと思います。そして何より、耳障りとしてはとてもポップに聞こえる楽曲ですが、メロディやコード進行等が実はとても複雑なのです。解読するのに苦労したのを覚えています。不安定ながらもとても心地いいアンサンブルは、流石、奇才TAKUYA氏とエネルギーに満ち溢れるエビ中の見事な融合により、非常にクオリティの高いポップミュージックになっていると思います!

<Keisuke Iizuka>